証券会社比較ランキング

人気のネット証券会社ランキングや手数料比較一覧などネット証券会社を徹底比較して口座開設<最新版>
証券会社比較ランキング>株式投資アノマリー
証券会社比較

おすすめ人気!おすすめ証券会社

現物取引手数料

信用取引手数料

1日定額手数料

手数料無料比較

証券会社ランキング

IPO新規公開株比較

NISA証券会社比較

キャンペーン情報

口座開設の手順

証券会社一覧
ネット証券会社
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
GMOクリック証券
ライブスター証券
カブドットコム証券
むさし証券
松井証券
岡三オンライン証券
丸三証券
内藤証券
エイチエス証券
安藤証券
SMBC日興証券
金融投資リンク
証券会社比較
外国為替FX比較
商品先物取引比較
株式投資アノマリー

株式投資アノマリー

12月の株価は安く1月は高い。

ビール銘柄は夏前に高値を付ける。などなど。

自分だけの投資戦略を見つけてみるのもいいかも。

ちなみに私は10月中旬に株を買い5月の頭に売るようにしています。

以下、アメリカと日本国内の株への影響をまとめてみました。

<アメリカからの影響>

10月はアメリカ投資信託の決算対策で利益確定売り

11月はアメリカヘッジファンドの決算対策で利益確定売り

年明けから3月はアメリカ投資信託、ヘッジファンドの買い戻し

5月から6月アメリカヘッジファンドの決算対策で利益確定売り

<日本国内の動き>

10月から11月中間決算発表

12月個人投資家の節税や年納め売り

1月個人投資家の新年度ポジション買い

1月から2月第3四半期決算発表

3月配当取り、配当落ち、機関投資家の年度末ポジション手じまい売り

4月機関投資家の新年度ポジション買い

5月から6月決算発表

7月第1四半期の決算発表

8月夏枯れ相場(株の売買、出来高が減る)

<株式投資の1年のアノマリー>

アノマリー(理外の理)合理的に説明することのできない株式相場の騰落パターンがあります。

これを知っておいて損はないと思います。以下、株式投資のアノマリーとして、

「クリスマスラリー」「サンタクロースラリー」「悼尾の一振」、

「餅つき相場」、「新春ご祝儀相場」、「節分天井」「彼岸底」、

「鯉のぼり相場」、「梅雨調整」、「サマーラリー」などがあります。

最も的中率が高いのは「秋に買って、春に売る」でしょう。

証券市場で年末に相場が上昇することを「悼尾の一振」(とうびのいっしん)」と言いますが、

12月20日から大納会(その年の取引日最終日)までの日経平均株価は、

平成13年から平成25年の過去13年間、すべて上昇しています。

年明けからは海外投資家が積極的に動き始め新春ご祝儀相場、そして鯉のぼり相場へ。

<株式投資の1月効果>

1月は株式相場が上昇する傾向が強いというアノマリーがあります。

世界中の株式市場でも1月効果が見られます。

原因として、

1.海外投資家が10月11月に決算によるファンドの換金売り。

2.年末に近づくとは損益通算の節税売り。

3.海外投資家によるクリスマス休暇の前に株を売却する傾向が強い。

4.国内の個人投資家も正月前に、いったん株を売却して現金化する傾向が強い。

そして年明けには心機一転、株式投資を再開するというのが1月効果となって現れます。

衆議院の解散総選挙の株高

アメリカ大統領選挙前年の株は高い

株式投資の指針


証券会社比較ランキングおすすめ証券会社



投資信託比較 日経225mini比較 CFD取引比較 外国為替FX比較 商品先物CX比較






Copyright (C) 証券会社比較ランキング,All Rights Reserved.
当サイトの文章、構成、デザインなどの無断転載・複製(コピー)は一切ご遠慮ください。