証券会社比較ランキング

人気のネット証券会社ランキングや手数料比較一覧などネット証券会社を徹底比較して口座開設<最新版>
証券会社比較ランキング>信用取引手数料比較一覧
証券会社比較

おすすめ人気!おすすめ証券会社

現物取引手数料

信用取引手数料

1日定額手数料

手数料無料比較

証券会社ランキング

IPO新規公開株比較

NISA証券会社比較

キャンペーン情報

口座開設の手順

証券会社一覧
ネット証券会社
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
GMOクリック証券
ライブスター証券
カブドットコム証券
むさし証券
松井証券
岡三オンライン証券
丸三証券
内藤証券
エイチエス証券
安藤証券
SMBC日興証券
金融投資リンク
証券会社比較
外国為替FX比較
商品先物取引比較
株式投資アノマリー

証券会社 信用取引手数料比較一覧

信用取引とは株式投資に必要な資金や株式を証券会社から借りて行う株式投資のことです
ランキング1位1番安い ランキング2位2番目に安い ランキング3位3番目に安い (証券会社手数料比較)税抜き
証券会社名 信用取引手数料比較一覧 かんたん
スピード
口座開設
10万円 20万円 50万円 100万円 300万円
SBI証券 143円 143円 191円 360円 360円
楽天証券 250円 250円 450円 450円 450円
GMOクリック証券 93円 93円 93円 93円 93円
マネックス証券 100円 180円 450円 1000円 3000円
SMBC日興証券 0円 0円 0円 0円 0円 証券会社比較ランキング
ライブスター証券 80円 80円 80円 80円 80円
岡三オンライン証券 99円 150円 300円 500円 1000円
安藤証券 100円 100円 100円 100円 100円
むさし証券 220円 220円 220円 440円 440円
カブドットコム証券 99円 179円 449円 760円 1100円
丸三証券 240円 240円 400円 800円 2400円
松井証券 0円 300円 500円 1000円 3000円
内藤証券 248円 248円 448円 448円 448円
岩井コスモ証券 1000円 1000円 1000円 1000円 1000円 口座開設申込み


証券会社比較ランキングおすすめ証券会社



信用取引の特徴

1、手持ち資金を超える取引ができる

たとえば資金100万円もっている場合、通常100万円までしか株式投資できませんが、
信用取引の場合、最大3倍の300万円まで株の売買ができます。
利益が3倍になるか、損失が3倍になる可能性もあります。
レバレッジ効果(てこの原理)

2、株価が下落時でも利益を出すことができます。

普通の株式投資であれば安い時に買って高く売ることで利益を出しますが、
信用売り(空売り)は逆で高い時に売って安くなった時に買い戻すことで利益を出します。

3、お得に株主優待を受ける権利を得る
買い注文と信用取引の信用売り(空売り)を組み合わせて株主優待を手に入れることができます。
買い注文と売り注文を同時に入れることで株価変動のリスクは無くなります。
普通、権利付き最終日と権利落ちの日に取引しますが、
この際に証券会社の売買手数料と信用取引の金利は必要になります。
たとえば証券会社に手数料1000円を支払い、1万円分の株主優待を受取ます。

大きな特徴として3つ上げましたが、信用取引のルールは各証券会社の説明をご確認ください。

<取り組み妙味>

信用取引の買い残高が多くなれば売り圧力が増し、売り残高が多くなれば買い圧力が強まります。
信用の買い残を信用の売り残で割ったのが信用倍率です。
信用倍率の低下は買い残が多い状態から需要と供給が改善し「好取組」「取り組み妙味が増す」と言われます。
投資信託比較 日経225mini比較 外国為替FX比較 商品先物CX比較






Copyright (C) 証券会社比較ランキング,All Rights Reserved.
当サイトの文章、構成、デザインなどの無断転載・複製(コピー)は一切ご遠慮ください。